マイクロスコープの重要性

  • ホーム > 
  • マイクロスコープの重要性

精密治療には欠かせません~マイクロスコープ~

歯科治療は、1mmを切る小さな単位の細かい治療の連続。それらをすべて裸眼で捉えて処置するのは困難です。精密な治療を実現するには、細密な部分まで的確に把握しながら一つ一つの処置を行う必要があるのです。そこで活躍するのが「マイクロスコープ」です。

東京都世田谷区用賀の歯医者、東急田園都市線用賀駅北口から徒歩1分の松本歯科医院ではマイクロスコープを使用した精密治療をご提供しています。

マイクロスコープとは

マイクロスコープとは

歯科治療用に開発された電子顕微鏡がマイクロスコープです。肉眼では確認しにくい細かな部分を2~24倍に拡大して見ることができます。暗いお口の中もマイクロスコープについているライトで照らせるため、細部をリアルタイムで目視しながらの治療が可能です。

従来はドクターの経験や勘で精度が大きく左右された高度な治療を、より確かな治療にする先進機器がマイクロスコープなのです。

お口の中の治療部位がこんなにはっきり、きれいに確認できます。

マイクロスコープとは マイクロスコープとは マイクロスコープとは

マイクロスコープが必要な理由

マイクロスコープが必要な理由

お口の中は暗くて狭い空間です。そのため肉眼で確認しながらの治療には限界があります。マイクロスコープを用いない場合、実際に見えない部分の治療は、経験と勘による手探りで行うしかありません。しかしマイクロスコープを使用することで、治療部位を明るく照らし拡大視できるため、これまで見えなかった部分を確実に目で確認しながら治療ができるのです。

マイクロスコープのメリット

  • 24倍までの拡大視が可能
  • 診査・診断の精度を高められる
  • 治療の精度を高められる
  • 治療中の状況をモニタに映してリアルタイムで確認可能
  • 治療の写真や動画が記録でき、あとから閲覧できる

マイクロスコープのメリット

治療中の様子はこのように確認できます。リアルタイムで確認できるだけでなく、一旦記録しておいて、あとからチェックすることも可能です。歯科治療中に「何をされているのかわからない」という患者様の不安を払しょくできるシステムです。

歯科用CTとの組み合わせ

歯科用CTとの組み合わせ

歯科用CTは歯や顎の骨の状態を3次元的な立体画像で確認できる機器です。従来のレントゲン写真は白黒の平面画像。立体であるお口まわりの状態を、色の濃淡のみで読み解かねばならず、骨量、骨の高さ、形状など詳細を把握するためには知識と経験が必要でした。

しかし歯科用CTなら、これまで把握が難しかった詳細な情報が得られます。また立体画像で誰の目にもわかりやすいのも大きなメリットです。より正確な診断と高品質の治療をご提供するために、当院ではマイクロスコープだけでなく歯科用CTも活用しています。

レントゲン画像 歯科用CT画像